FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月の西大巓・桧原湖キャンプ『西大巓登山』は9時間10分の山行でした(2日目)

2日目はいよいよ西大巓登山です。

前日少し小雨がぱらついたのですが、ものすっごく天気に恵まれました。晴れ男でもいるんですかねぇ。

(しかし、前日の夜は放射冷却でかなり冷えました。寒かったなぁ。)

20090919_nishidaiten2-121.jpg 

キャンプになると、みんな早起きできるから不思議です。5時30分くらいから起きだしてる・・・もちろん6時にはすっかり起きてる。しかも、登山の準備も早いんですよ。楽しいときにはしっかり行動できるのですね。

「先生、早く行きましょう!」 っていう感じです。

かなり長い山行になりましたので、時間の目安ものせておきます。

7:20 早稲沢口から登ります。

20090919_nishidaiten2-122.jpg 20090919_nishidaiten2-123.jpg
西大巓に登る場合、グランデコからゴンドラ(ロープウェイ)が出ていますので、それに乗って途中から登る方が多いのですが、我々はほぼ反対側の登山口、早稲沢口から登りました。早稲沢口からの登山はブナの森林浴、ゴツゴツした岩場、森林限界など、さまざまな景色・地形を楽しむことができます。

ぼくらはワンダーフォーゲル同好会、部活動でやっているので、よほどでなければ、ゴンドラに乗ることはないのです…。

20090919_nishidaiten2-124.jpg 20090919_nishidaiten2-126.jpg 
20090919_nishidaiten2-127.jpg 20090919_nishidaiten2-128.jpg
20090919_nishidaiten2-129.jpg 20090919_nishidaiten2-133.jpg
深いブナの森はマイナスイオンに満ち溢れ、気持ちがリフレッシュされます。空気の色が違うような気さえします。

20090919_nishidaiten2-130.jpg 20090919_nishidaiten2-131.jpg
しばらく歩みを進めると、登山道の脇を清流が流れます。こんなに透きとおった水ってあるんですね。

20090919_nishidaiten2-132.jpg 20090919_nishidaiten2-135.jpg
20090919_nishidaiten2-136.jpg 20090919_nishidaiten2-137.jpg
登山道は整備され、非常に登りやすい印象です。完全に日常とは切り離された大自然の世界です。

8:00 布滝に到着

20090919_nishidaiten2-139.jpg 20090919_nishidaiten2-138.jpg
20090919_nishidaiten2-140.jpg 
ここで一息いれましょう。振り返って、滝を眺めると、絹の布のような細い流れがいくつもありました。

20090919_nishidaiten2-143.jpg 
緩やかな流れに見えるけれども、実際の水量は豊富です。休憩のときはゆっくり景色を楽しみましょう。休憩のときに食べる行動食も登山の楽しみの一つです。

8:15 出発~さらに上を目指します。

20090919_nishidaiten2-144.jpg 20090919_nishidaiten2-145.jpg
休憩を入れるとぐんぐん進めます。大きな倒木をくぐろうとしたそのとき、大きなキノコを見つけました。なんだか、キノコを見つけると、どんどん見つかりますね。このあたりはキノコが生えやすい環境なんですね。

20090919_nishidaiten2-147.jpg 20090919_nishidaiten2-149.jpg 20090919_nishidaiten2-151.jpg 
20090919_nishidaiten2-148.jpg 
山ではとても多くのキノコに出会います。実際に目にすると、ちょっと名前でも覚えてみようかなぁという気になりますよね。食べれるキノコと食べれないキノコの区別はつけられるようになりたいなぁ。

だって、キノコ汁って美味しいんだよ。

9:00 清流を見ながらさらに進む

20090919_nishidaiten2-152.jpg 20090919_nishidaiten2-153.jpg
20090919_nishidaiten2-154.jpg  
登山道の脇を清流が流れ、水音が疲れを癒してくれます。沢を横切って上を目指すと、もう冒険家の気分ですね。

20090919_nishidaiten2-157.jpg
20090919_nishidaiten2-156.jpg
 20090919_nishidaiten2-155.jpg 
20090919_nishidaiten2-159.jpg  
しばらく進むと、沢の流れは静かな淀み(よどみ)になっていました。ここから水が流れ出ていたのですね。

なお、このカットは記者が気に入っている一枚です。

20090919_nishidaiten2-160.jpg 20090919_nishidaiten2-161.jpg 20090919_nishidaiten2-162.jpg 
20090919_nishidaiten2-163.jpg 
静かな世界ですね。紅葉の時期はさぞ美しいことでしょう。

さて、ここからなのですが・・・岩場が続きまして、カメラを少ししまって登りに徹してしまいました。

小さめの岩がゴロゴロしているというよりは少し大きめの岩を踏み越えて進むような山道でした。

20090919_nishidaiten2-164.jpg 20090919_nishidaiten2-165.jpg 
広葉樹の中に針葉樹も混じるようになってきました。標高があがって気温が下がるからでしょうか、楓も紅葉をはじめていました。9月はじめとはいえ、早いですね。でも、頂上が近い雰囲気を感じます。

20090919_nishidaiten2-166.jpg 20090919_nishidaiten2-167.jpg
変わったキノコを見つけました。まるでカリフラワーのようです。面白い形ですねぇ。

10:30 八合目に到着

20090919_nishidaiten2-168.jpg
八合目まで来るとあと少しですね。がんばろう!

20090919_nishidaiten2-170.jpg 20090919_nishidaiten2-171.jpg
九合目は見晴らしがありません。というより、下手をすると見落としてしまいそうなところに標識がありました。

20090919_nishidaiten2-189.jpg 20090919_nishidaiten2-190.jpg
もう少しで山頂だ。でも、全然前が見えないなぁ~と思いながら歩いていると、いきなり目の前が開けました。


11:40 山頂に到着!

20090919_nishidaiten2-173.jpg 20090919_nishidaiten2-172.jpg 20090919_nishidaiten2-174.jpg
20090919_nishidaiten2-175.jpg 20090919_nishidaiten2-176.jpg 
山頂からははるか遠くに連なる吾妻連峰の山々が見えました。見事な展望です。やっぱり山は良いなぁ。

・・・それでは恒例の・・・

12:00 頂上での記念写真!

20090919_nishidaiten2-177.jpg 
2009年9月19日 昌平高校ワンダーフォーゲル同好会 西大巓登頂の図

うお~!燃えますよ~~。頑張ったなぁ。

ま、とにかくご飯にしましょう。それぞれがおにぎりなどをほおばって、栄養補給をします。

山頂で食べるおにぎりって、なんでこんなにおいしいんでしょうね。魔法がかかっています。

12:10 下山しまーす

20090919_nishidaiten2-180_20091209214756.jpg 20090919_nishidaiten2-181.jpg
20090919_nishidaiten2-182.jpg 
西吾妻山に縦走する方がたくさんいました。僕らもついて行くかなぁ~と思ったのは思ったのですが、そちらには行きません。

なんでかっていうと、西吾妻山の頂上は見晴らしがないからです。それよりは下山ルートを工夫して、さらに西大巓を楽しもうじゃありませんか。

20090919_nishidaiten2-183.jpg 
20090919_nishidaiten2-185.jpg 20090919_nishidaiten2-186.jpg 
20090919_nishidaiten2-184.jpg 20090919_nishidaiten2-187.jpg 
 
西大巓山頂から、グランデコ方面へ降りて行きます。

目の前はご覧のように草花で少し歩きにくいぞ。でも、どんどん歩けば良い。下りは楽しいなぁ。

13:50 お花畑に出ました。

20090919_nishidaiten2-193.jpg
ここはお花畑といまして、岩場に交じっていろんなお花が咲いています。アサギマダラがよく羽を休めているので、今回も撮影できるかなぁと期待していたのですが・・・・・・残念。今日はいませんでした。

20090919_nishidaiten2-194.jpg 
ちょっと日当たりが良すぎますけど・・・こんな草花が咲いていました。奥から歩いてくるのは清水先生です。

清水先生も時間を忘れて写真撮影をしていました。

さて、ここで2回目の記念撮影

14:00 お花畑から磐梯山を望んで

20090919_nishidaiten2-195.jpg 
20090919_nishidaiten2-196.jpg 
20090919_nishidaiten2-197.jpg 
調子にのって3枚も撮ってしまいました。記念写真ってすごく楽しいですね。

しかし、なんで記者の髪の毛はとんがっていたのだろう?

眼下にグランデコのゴンドラ出発場が見えます。もう少しで終わりだと思うでしょう(甘い甘い)

20090919_nishidaiten2-198.jpg 
20090919_nishidaiten2-199_20091209231058.jpg 20090919_nishidaiten2-200.jpg 20090919_nishidaiten2-201.jpg
まぁまぁ、どんどん歩きましょう。

ほら!ゴンドラ乗り場につきましたよ。少し休憩です。

・・・さて、われわれ、これからどうしたかっていうと、グランデコ湿原を歩きながら、早稲沢口駐車場を目指すことにしました。

素敵なコースでしょう?

14:40 グランデコ湿原を歩こう

20090919_nishidaiten2-203.jpg 20090919_nishidaiten2-204.jpg 20090919_nishidaiten2-205.jpg
湿原への入り口近くは沢と雑木林・・・しばらくすると木道になります。やっぱり、湿原といえば木道ですよね。

20090919_nishidaiten2-206.jpg 
・・・ん?360度回転したブナですか・・・。珍しいですね。

これです↓

20090919_nishidaiten2-207.jpg 
怪力の方が曲げてしまった・・・というわけではなく、雪の重みで曲がってしまったのだそうです。

それにしても一回転というのはちょっとすごい!

20090919_nishidaiten2-208.jpg 
湿原に出ました。湿原は草紅葉が始まっていました。もう少しで黄金の絨毯のようになるのでしょう。

20090919_nishidaiten2-209.jpg 20090919_nishidaiten2-210.jpg
湿原の中の草花は小さな花をつけるものが多くありました。右の写真の水中にはオタマジャクシがいました。

20090919_nishidaiten2-211.jpg 20090919_nishidaiten2-212.jpg 20090919_nishidaiten2-213.jpg
漆(うるし)の紅葉が見事でした。燃えるような赤い色をしています。赤い漆は草紅葉した湿原の中でも、また、沢の中でもひときわ輝いているようでした。

20090919_nishidaiten2-214.jpg 20090919_nishidaiten2-215.jpg
湿原にはいたるところで湧水がわき出していました。太陽の光を反射して、とてもきれいです。

ここでグランデコ湿原は終了です。

さて、早稲沢口登山口を目指していると、標識に『百貫清水方面』とありました。

どうやら日本100名水に選ばれている名水のようですし、ちょっと寄ってみましょう。

15:10 百巻清水を目指して歩こう!

20090919_nishidaiten2-216.jpg 20090919_nishidaiten2-218.jpg

15:30 百貫清水に到着!
20090919_nishidaiten2-219.jpg 
さすがに『名水100選』の一つです。そこが透けて見えます。川底の砂粒の一粒一粒が見えそうなくらいです。ちなみに、この泉は大変水質がよく、百貫の米と交換できるほどの価値を持つ名水と言われています。

20090919_nishidaiten2-220.jpg 20090919_nishidaiten2-221.jpg
清水教諭が『百貫清水』を汲んでいます。皆で少しづつ飲みました

20090919_nishidaiten2-222.jpg
日本百名山というものは知っていましたが、名水百選ははじめて知りました。

20090919_nishidaiten2-223.jpg 

さて、今度こそ、早稲沢口登山口を目指しますよ。どんどん歩きましょう。

20090919_nishidaiten2-224.jpg 20090919_nishidaiten2-225.jpg
20090919_nishidaiten2-226.jpg 20090919_nishidaiten2-227.jpg

16:30 早稲沢口登山口に戻ってきました。

20090919_nishidaiten2-229.jpg 20090919_nishidaiten2-230.jpg 
やったー!ゴールです。歩ききりました。本当に長かった。おめでとうございます。 

終わってみれば・・・スタートが7時20分、ゴールが16時30分。

なんと!9時間10分も歩いたことになります。

普通の高校1年生には限界に近い距離ですね。がんばりました。

さて、今日の晩御飯の献立は何でしょう?・・・・例のアレですよ。楽しみですね。

何とか西大巓に登って、すこし疲れ気味の御一行ですが・・・夜のキャンプの準備をしなくてはなりません。帰りがけに、追加の食材を購入するために、町に出たのですが・・・道路は大渋滞。

キャンプ場まで戻る間に、けっこうかかってしまい、調理開始が遅くなってしまいました。

16:40 ザリガニメニューの調理開始~!!

20090919_nishidaiten-120.jpg 
パエリアでも作るかなぁ~と調理を始める三森教諭。

20090919_nishidaiten-121.jpg 20090919_nishidaiten-122.jpg
まずは、車エビと生米をチリソースのスープに入れてっと・・・秘密の具材投入!

20090919_nishidaiten-123.jpg 
じゃ~ん、昨日獲っておいたウチダザリガニでーす。フライパンもけっこう大きいのですが、ザリガニの大きさがわかるでしょうか。

20090919_nishidaiten-124.jpg 20090919_nishidaiten-125_20091208094543.jpg
生徒はどん引き!

「うわ~、ホントに生きたまま茹でるんですか~。」 

「何言ってんだよ~。人間は生き物の命を食べて生きてるんだぞ。良いから食べてみろよ~~。うまいぞ。」

「いやっす~~。」 とは生徒と教員のやり取り。

20090919_nishidaiten-126.jpg 20090919_nishidaiten-127.jpg
手伝う気をなくす生徒たち・・・。疲れているのもあるんでしょうけどね。仕方ない。我々でやりますかと教員ががんばりました。ピーマンやナスなどの野菜も刻んで一緒にぐつぐつ煮込みます。汁が飛んで、パチパチと音がし出したら、完成です。

20090919_nishidaiten-128.jpg 

じゃ~~ん、完成です。ザリガニがまるでロブスターのようでしょ?実際、エビのような姿をしていますが、ザリガニはロブスターのようなカニのような味がします。

食してみると・・・一流料理店で出されるような味でした。美味しかった。

 

20:30 お風呂は話題の香の湯(こうのゆ)でいただきました。

20090919_nishidaiten2-119.jpg

『香の湯』は裏磐梯の秘湯で、貸切露天風呂や男女別の露天風呂など、さまざまな温泉が楽しめる温泉です。

夜は満点の星空を眺めながら、入浴することができ、ゆっくりと疲れをいやすことができます。なお、公式ホームページがありますので、ご興味のあるかたはご覧ください。

63香の湯-裏磐梯の秘湯

お風呂に入って、リラックス。緊張の糸がほぐれたのか、生徒たちはこの後ぐっすりでした。

こんな感じで、2日目の夜も更けていきました。



633日目につづく

関連記事

| ワンダーフォーゲル同好会 | 10時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://bukatsudou.blog105.fc2.com/tb.php/160-536b1004

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。