FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第61回秋季高校野球いわき地区大会は準決勝で、いわき総合高校を7回コールドで下し、勝利しました。

第61回秋季都北地区大会高校野球福島県大会いわき支部大会(県高野連いわき支部主催)は大会5日目の5日、いわきグリーンスタジアム、平球場の2球場で準決勝2試合と敗者復活トーナメントの2回戦4試合が行われました。

昌平高校は準決勝をいわき総合高校と戦って8-1。7回コールドで勝利し、決勝進出を決めました。

昌平高校の初回の攻撃、1アウト2塁にランナーを置いて、3番の青木選手がライト前にはじき返して1点を先制。さらに2アウト2塁のチャンスに、5番の生天目選手が右中間を破る3塁打で2点を先行しました。

2回には相手の守備に乱れをついて1点を加点し、3回にも生天目選手がレフト前にヒットを打って加点すると、4回には芳賀がセンター前にはじき返して、2点を追加するヒットを放ち、着実にリードを広げる。
守っては押田投手、星野投手の継投でいわき総合を4安打に抑え、終わってみれば8-1の7回コールド勝利でした。
 
この試合で注目したいのは、打線のリズムをつくった今大会初出場の芳賀俊輔選手(2年)。

2番打者、3塁手として出場チャンスをつかんだ今日の試合、第1打席では1アウトから得意の流し打ちでレフト前ヒットで出塁。さらに持ち味の俊足を生かして盗塁に成功。青木慶弘選手のライト前ヒットで先制のホームを踏んだ。

第3打席では2アウト、2塁、3塁にランナーを置くチャンスにセンター前にヒットを放ち、2打点をマーク。7回にもバントヒットでチャンスを拡大し、コールド勝ちにつなげた。3安打2打点2得点と充実の数字を残した。

中学3年生のときに左手を骨折。神経も伸ばし、手首の可動範囲、感覚に影響が残ったため、高校から左打者に転向したが、広角に打ち分ける技術に磨きをかけてチームの中で存在感を示している。

「バットコントロールがうまく、対応力もある。今日も粘り強く攻撃してくれた。」芳賀選手の打力を評価する吉田幸祐監督も起用にこたえる活躍に合格点を出す。

また、2回戦でノーヒットだった生天目大輔選手が2安打2打点と活躍。明るい材料だ。

芳賀選手は「自分の持ち味をしっかり生かしてチームに貢献していきたい」と決勝での活躍を誓っていた。
明日6日は、決勝戦。勝って兜の緒を締める昌平高校でした。

【イニングスコア】

1

2

3

4

5

6

7

いわき総合
昌平高校
(7回コールド)

関連記事

| 野球部 | 19時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://bukatsudou.blog105.fc2.com/tb.php/151-7e85f02d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。