FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第61回秋季高校野球いわき地区大会は磐城高校を下し、ベスト4に進出。

9月2日、第61回秋季東北地区高校野球福島大会いわき支部大会は、いわきグリーンスタジアムと平球場で2回戦4試合が行われ、昌平高校は磐城高校と平球場で対戦し、6-1で勝って6年連続8回目の県切符を手にしました。
 
新チームの主将は、夏の大会で9番を打った清水雅大選手。大事な局面で結果を残せる勝負強い選手だ。
 
新チームとなってからは2番を打つ。試合の流れを左右する重要な打順だ。
清水主将(2年)は初回にノーアウトでランナーを3塁に置くチャンスに、ライト前に先制のヒット。気合満点、おたけびを上げながら1塁ベースへ駆け込んだ。
2回の打席では「初回は真っすぐを打ったので、この打席はカーブを狙った」との言葉通り、カーブを呼び込んでセンター前にヒットを運び、2打席連続のヒット。1回戦の湯本戦から数えると、4打席連続ヒットの活躍となった。
持ち味の気持ちの強さと、吉田幸祐監督が高く評価する野球勘を存分に発揮し、2試合連続で得点に絡む活躍。
 
守っては左腕エースの引地航投手が2試合17イニングを1人で投げ抜き、失点2と安定している。
試合後、清水主将は「自分の気持ちをしっかりつくればいいゲームができる。やることは変わらない。強い気持ちで一戦一戦を積み重ねていきたい」と語った。
新チームは、より強い昌平高校の野球を目指し、今後も一試合一試合を大切に戦います。
応援よろしくお願いします。

【イニングスコア】

123456789
昌平高校
磐城高校1

 

関連記事

| 野球部 | 18時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://bukatsudou.blog105.fc2.com/tb.php/150-7d528170

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。